友人が強迫性障害に苦しんでいます。

私の高校時代からの友人が強迫性障害に苦しんでいます。

普段は家事をする元気もなく、食欲がわかず痩せてしまいました。

親族が順番で様子を見に行ったり、家事を手伝っているようです。

娘息子がゲームで犬を育てるソフトをプレゼントしたそうですが、

面倒くさがり集中も続かなかったようです。

しかし私が話相手に行くと強迫性障害ということがわからないくらい

明るくて嬉しそうにしてくれます。

やはり強迫性障害に必要なのは話を聞いてあげたりすることで、

家族の支えがとても大切なんだと実感しました。

それから私も強迫性障害について調べたり、病院に行って薬を処方してもらうことで、

さらに鈴木式強迫性障害改善プログラムに取り組むことで何とか克服することができました。

強迫性障害って本当に辛く苦しい病気です。

そしてなった方にしか分からない、理解されにくい病気です。

強迫性障害で苦しんでいる方やうつ病かもしれないと悩んでいる方は、

絶対に無理はして欲しくないです。